トップ / 中性脂肪を減らすには有酸素運動

中性脂肪の影響を知る

中性脂肪を減らすには有酸素運動

中性脂肪を減らすには運動が重要

中性脂肪を減らすには、やはり運動が欠かせません!それでは、中性脂肪を減少させるために必要な有酸素運動のやり方やコツについてご紹介していきましょう。

そもそも、中性脂肪を減らすには毎日コツコツ運動を続けることが大事です。思い出した時に運動をしていても、なかなか中性脂肪値やコレステロール値は改善しないでしょう。無理なく、楽しくできる範囲でもいいですから、有酸素運動を毎日続ける習慣を持つようにしましょう。
ちなみに、お友達や家族と誘い合って運動を続ければ、三日坊主になりにくくなります。

なお、運動には2種類あります。体内の中性脂肪を燃やしてくれる「有酸素運動」は有名ですが、基礎代謝をアップさせてくれる「無酸素運動」も存在します。その違いやそれぞれの特徴をよく知っておけば、効率よく中性脂肪を減らせます。

有酸素運動を続ければ、脂肪を燃焼させてくれます。おすすめは気軽にできるウォーキングやジョギングです。他にもエアロビクスやスイミングなどが該当します。ちなみに、有酸素運動をする場合には、20分から30分ほどは続けないと脂肪が燃焼されにくいとされています。
一方、無酸素運動とはどんなものなのでしょうか。ずばり、筋トレや短距離走を指します。筋肉を増やすことで、中性脂肪が溜まりにくい体作りをすることができるでしょう。

ただし、中性脂肪を減らすために運動をしてはいけない人もいらっしゃいます。体調が悪い人はもちろんのこと、腎不全や心配機能に問題がある方の場合には、逆に体を壊してしまう可能性があるでしょう。
体調面に不安がある場合には、運動を始める前に医師に中性脂肪の減らし方を相談しましょう。

有酸素運動は中性脂肪を減らすのに効果的ではありますが、無理をして倒れてしまっては元も子もありません。適度に休憩を挟み、水分補給もこまめに行うようにしましょう。